ラヴァートグランプリ2019リティル杯総括

2019年5月25日(土)、東京都秋葉原のe-sports SQUARE AKIHABARAにて開催されたオフラインイベント「ラヴァートグランプリ2019 リティル杯」の模様をお届けします。

会場

アルテイルNEO2代目王者の座に輝いたのは誰だ!?
オンライン予選を勝ち抜いた4名の精鋭たちによって繰り広げられた頂上決戦の結果を振り返りましょう!

オープニング

当日は特別ゲストとして、VRアーティストとして世界中で活躍しており、アルテイルNEOでは「死の踊り子『レレイウ』」等の声を担当している「せきぐちあいみ」様(画面中央)にお越しいただきました! そしてMCを担当するのはアルテイル界に再び舞い降りし名物キャラクター「DJ.ONIGIRI」(画面左)。久しぶりの登場にも関わらず、キレのあるトークで会場を盛り上げていただきました! そして普通のGMクロス(画面右)は頂上決戦の解説を担当!

物販

今回も会場には物販コーナーをご用意いたしました。
※高速振動しているのはGMビッグフットです。

お品書き

前回の売れ行きを考慮して今回はグッズの種類・個数を強化した甲斐があってか、前回のような品切れラッシュは起きず、皆様のお手元にお届け出来たかと思います! 開場早々たくさんの方々にお並びいただきスタッフ一同嬉しい悲鳴でございました!
また、通信販売についても鋭意準備中でございます!

VRアート

VR

オープニングの直後は「せきぐちあいみ」様によるVRアートの実演コーナーです! 音楽に合わせてパフォーマンスが始まった瞬間、会場の空気は熱気から静寂へ。 アートの描画はもちろんですが、専用の機材を身に着けたせきぐち様の一挙手一投足にスタッフを含めたその場の全員が目を奪われていました。

VR完成

約5分間のパフォーマンスが終了し、完成したのはシールドでもお馴染みの「不死鳥」。
こちらの様子は是非、公式生放送のアーカイブにてご覧いただければと思います。

頂上決戦を前に会場の盛り上がりは最高潮へ!せきぐち様、ありがとうございました!

頂上決戦

選手一覧

当日は「sesami20」選手、「Nagafen」選手、「日陰」選手、「雛鳥りむ」選手ら4名による激戦が繰り広げられました。

選手一同

今回のオフライン大会は特に選手の個性が際立っていたような印象です。
まさかのユーニコスプレでの登場!「sesami20」選手(画面左2)
一方変わって落ち着いた雰囲気の「Nagafen」選手(画面中央左)
赤い手袋はコスプレ用!べっとり大好き「日陰」選手(画面中央右)
連覇に向けて今回も奥様お手製マフラーを装備した「雛鳥りむ」選手(画面右2)
左右に立つMCの2人と合わさってまさにオフラインイベント!といったメンバーが出揃い、今回の頂上決戦は幕を開けました。

準決勝

準決勝A

準決勝戦第1試合に登場したのは「sesami20」選手(画面左)と「Nagafen」選手(画面右)。
sesami20選手はプロフィールのイメージ通りの「ゴウエン妖精族デッキ」に対してNagafen選は「ローティア大型デッキ」と、相反するデッキタイプの選択となりました。

sesami20選手の仕掛ける猛攻を様々なカードで捌きつつSPを溜め、後半の巻き返しへ繋ぐNagafen選手。
中盤に展開された「幾夜竜」から「混沌の発火兵」へと繋ぐコンボには会場全体が沸き立ちました。まさに頂上決戦のために練り上げられたデッキと呼ぶに相応しいでしょう。
sesami20選手もシールドスキルで逆転を狙いますが、それを巧みに「死呼ぶ突然の凪」で回避するNagafen選手。
そしてついに「竜皇帝『ジュッズヴァー』」が降臨します。
続いて「影竜帝『ガエターノ』」も着地し、主導権は完全にNagafen選手の元へ。
終始冷静な立ち回りを披露し、勝利を手にしたのはNagafen選手!
見事、決勝戦への切符を手にしました。

準決勝B

準決勝第2試合に登場したのは「日陰」選手(画面左)と「雛鳥りむ」選手(画面右)。
日陰選手はべっとり感を一切感じさせない「ファルカウ魔法回数」デッキに対して雛鳥りむ選手は「ゴウエン中型」デッキと、両者ともに安定したデッキタイプの選択となりました。

試合が大きく動いたのは雛鳥りむ選手の1枚目のシールド「祈りの力」が発動した瞬間でした。
魔法回数デッキに対して有利に立ち回る事が出来る「魔刀の完成者『ナナクサ』」を展開し、続けて「猪突猛進『アラーナ』」のオープンスキルに繋げるゴウエンお得意のコンボを決め、日陰選手のテンポを完全に崩す事に成功します。
試合の決め手となったのは9ターン目。リムーブに加えて雛鳥りむ選手の繰り出す猛攻によって日陰選手のシールドが4枚目まで破壊されます。
こうなってしまえば後は押し切るのみ。勝利を手にしたのは雛鳥りむ選手となりました!

3位決定戦の組み合わせは「sesami20」選手vs「日陰」選手、
決勝戦の組み合わせは「Nagafen」選手vs「雛鳥りむ」選手となりました!

3位決定戦

3位決定戦

3位決定戦には準決勝で敗れた「sesami20」選手(画面左)と「日陰」選手(画面右)が登場。

sesami20選手は「鏡面の歌い手『リン』」と「鏡面の歌い手『レン』」を中心とした「リフェスリンレン」デッキに対して日陰選手はこれまたべっとり感は皆無な「リフェス神殿騎士」デッキといったマッチアップとなりました。

立ち上がりから強力な盤面を形成したいsesami20選手に対して、日陰選手の出した答えは「観測騎士『アーノ』」!オートスキルによってリンとレンの強力な陣形を崩す事に成功します。
こうなってはひとたまりもないsesami20選手ですが、冷静に立て直しを図ります。
日陰選手の1枚目のシールドを「不死鳥の降臨」と読み、「聖域の守護者『メイリーン』」を繰り出すsesami20選手!しかし、これを読み切った日陰選手の選択したカードもまた「聖域の守護者『メイリーン』」でした。
バッティングによってオープンスキルを発動出来ず、リンがデッキへ戻されてしまい、勝負の流れは日陰選手の元へ。sesami20選手も1枚目のシールド「永久凍結」によってアーノの戦闘力を削ぐ事には成功しますが、次々と展開されていく神殿騎士によって巻き返しの札を全て潰されてしまいます。
最後まで有利を手放す事なく、勝利を手にしたのは日陰選手!

決勝戦

決勝戦

そしてアルテイルNEO2代目王者を決める決勝戦に登場したのは「Nagafen」選手(画面左)と「雛鳥りむ」選手(画面右)。

雛鳥りむ選手は魔法カード「三人の団長」の効果を最大限に活用する「ローティア団長」デッキに対してNagafen選手はバトルタイムとSPを管理し、「獣化病/セラフ」によって盤面をコントロールする「リフェスセラフロック」デッキと、どちらも異色のデッキ同士による決勝戦となりました。

立ち上がりは順当にユニットを展開する両選手。動きがあったのはNagafen選手の1枚目のシールドが割れるタイミングでした。
盤面に「守護騎士団長『アイギナ』」と「黒槍『ユーグ』」を展開する事に成功した雛鳥りむ選手が繰り出したカードは「長靴を履いた猫」。オープンスキルでアイギナを「不死鳥の降臨」から守る事を狙った一手でしょうか。
しかし、割れたシールドは「冥府の小匣」!このターン中の動きを封じられ、Nagafen選手にセラフの着地を許してしまいます。
更に次のターンにNagafen選手が選択したカードは「森の魔術師『ヘザー』」!
プロフィールに設定したキャラクターを決勝の舞台に採用するNagafen選手の愛を感じました。
ここで前のターンに発動した「長靴を履いた猫」の効果が雛鳥りむ選手に重く圧し掛かります。ヘザーのスキルの対象となるのは「レベル5以上のネームドユニット」。先ほどレベルの上がったユーグの動きを完全に封じ込まれてしまう苦しい展開となってしまいました。
その後も順調にユニットを展開し、バトルタイムの掌握とSPの管理に成功するNagafen選手。レベル4以下のカードに対してはセラフ、レベル5以上のユニットに対してはヘザーと、万全の体制で試合を進めていきます。
しかし前回王者の雛鳥りむ選手。冷静にこの状況を捌きつつ、後半戦へと繋ぎます。
勝負の分かれ目となったのは15ターン目。3枚目の「三人の団長」の効果によってヘザーと「密室の電音支配者」をアクション終了させ、ついにユーグが動き出します。

15ターン目

さらにアイギナと「太陽の皇子『フェルラート』」の同速勝負に勝利した雛鳥りむ選手。一気にNagafen選手のユニット4体をクローズさせる事に成功します。
次のターン、Nagafen選手のフェルラート、光の精霊、セラフがリムーブされ、一気にLPが3削れてしまいます。
個人的な感想ですが、実はこの状況、かなり思い切った行動だったのではないでしょうか。
もし、フェルラートが先に行動していたのであればセラフがクローズする事はなく、ユーグの猛攻も届かなかったことでしょう。圧倒的不利な状況の中で2分の1の確率に賭けた最適解を瞬時に選択する事が出来る雛鳥りむ選手の恐ろしさにカメラを持つ手が震えるほど興奮したことをよく覚えています。
この時点で両者のLPはNagafen選手が2に対して雛鳥りむ選手が6。更にターンは16ターン目と、両者ともに引き分け時の裁定を意識し始める時間です。

引き分け

残りLPの多い方が勝利となる本大会。このままでは裁定に基づいて敗北してしまうNagafen選手は攻めに転じざるを得ない状況に追い込まれてしまいます。しかし、今一つ攻め手に欠ける盤面。たがいにシールドスキルを発動しつつ、勝負が決したのは23ターン目。雛鳥りむ選手の4枚目のシールド「強襲作戦」のダメージによってNagafen選手の3枚目の電音支配者がクローズします。

決着

次のターン、念押しの「滅亡の杯『リリエラ』」を繰り出す雛鳥りむ選手。勝利を確信し、ガッツポーズを見せます。
そして電音支配者がリムーブされ、Nagafen選手のLPが0となりました。
王者の座を守り抜き、ラヴァートグランプリを2連覇したのは「雛鳥りむ」選手!!

表彰式

表彰式

大激戦の興奮冷めやらぬ中、表彰式が執り行われました。
プレゼンターを務めるe-sports SQUARE AKIHABARAの店長「疋田力也」氏による賞品の授与が行われました。

4位表彰

4位に輝いた「sesami20」選手には目録として1万円分のデジタルカードが贈呈されました。

3位表彰

3位に輝いた「日陰」選手には賞金5万円とリティル杯シーズンの全カード1枚が贈呈されました。

準優勝表彰

準優勝に輝いた「Nagafen」選手には賞金10万円とリティル杯シーズンの全カード3枚が贈呈されました。

優勝表彰

そして見事優勝に輝き、ラヴァートグランプリ2連覇の偉業を達成した「雛鳥りむ」選手には賞金30万円とリティル杯シーズンの全プレミアムカード3枚が贈呈されました。

優勝者インタビュー

優勝者インタビューでは「今回は正直負けた思っていました。きつかったです。」と今大会の厳しさを語る一方、マフラーを手にし「妻の愛のおかげで勝てたと思います。今後もラスボスとして君臨し続けたいと思います。」と奥様への愛とアルテイルへの愛を述べてくださいました。
「雛鳥りむ」選手、2連覇達成おめでとうございます!!

エンディング

そして生放送のエンディングの後、出場者と関係者によるフォトセッションを経て、「ラヴァートグランプリ2019 リティル杯」はその幕を閉じました。
参加された選手の皆様、会場にお越しの皆様、そしてアルテイルを愛する全ての皆様、本当にありがとうございました!!

優勝者インタビュー

  • 雛鳥りむ 様アイコン
  • 雛鳥りむ 様

──2連覇達成おめでとうございます。まずは今大会の感想を一言いただけますか。

皆さんの期待に応えて、連覇できたのが何より嬉しいですね。
決勝は途中、正直負けたと思っていたので、今でも少し優勝が信じられない部分があります。

──決勝戦に「三人の団長」デッキを選択した理由についてお聞かせください。

攻防にバランスよく対応力の高い点と使用者が少なく読まれにくい点から不死+団長デッキを選択しました。
少し調整時間が足りなく上手く回せるか心配な部分はありましたが、結果勝てたのでいい選択だったと思っています。

──これまでに登場した全カードの中で、一番お気に入りのカードを教えてください。

昔のアルテイルまで含めるとノワールヴァイデになるんですが、アルネオになって効果も絵も変わってしまったので、アルネオになってからだとアヌーシェでしょうか。
絵が好きなのはもちろんで、一時期プレートにしてたのもありますが、能力も面白いと思っています。最近あんまり見ないですが、上手く使ったデッキ組みたいですね。

──これまでに登場した全シールドの中で、一番お気に入りのシールドを教えてください。

お気に入りというほどではないですが、永久凍結が印象に残っていますね。
ジュッズヴァー杯の準々決勝、決勝で用いており、自分の得意のプレイスタイルに向いているところがあります。試合時間が長くなるのが欠点ですけども。

──次の「アルィンド杯」シーズンに向けての意気込みを教えてください。

3連覇の期待もあると思うのですが、まずは出場権を取るところからですね。
レート枠になるかBP枠になるかはわかりませんが、とりあえずは出場目指して、いつも通り楽しんでいきたいと思っています。
その延長戦で優勝、3連覇できれば最高だと思っています。

──印象に残っている試合があれば教えてください。

決勝のNagafenさんとの試合は、正直負けたと思ったところから逆転できたのでやはり印象には残ってますね。
3枚目の3人の団長を使ったターンにこちらに運が向いてくれたのが勝因だと思います。
でも、今回一番印象に残っているのは、準々決勝の伊178さんとの試合です。
序盤のトリガーの取り合いから、途中一進一退の攻防が続き最後ギリギリLP1で競り勝てたので嬉しかったですね。

──最後に何かコメントがあればどうぞ。

前回は10年越しの雪辱、今回は連覇と自分自身、予想もできない経験ができて嬉しく思っています。
応援してくれた皆様ありがとうございました。アルィンド杯も3連覇目指して頑張っていきたいと思います。

──ご返答ありがとうございました。

アップデート情報

当日の生放送中に発表されたアップデート情報コーナーの模様をお届けします。

アップデート情報1

ついに!「アルテイルクロニクル」×「アルテイルNEO」のコラボレーションが決定いたしました。
まずは先行公開情報として、以下の内容をお届けしました。

アップデート情報2

まずはコラボカードパック第1弾「ナナセイロ☆革命」です。
こちらは5/31のメンテナンス後より販売を開始しております!

アップデート情報3

続いて、構築済みデッキです。
こちらは6月中旬の発売を予定しております。続報をお楽しみに!

アップデート情報まとめ

さらに、6月末にコラボカードパック第2弾の発売も予定しております!
その他にも様々なイベントをご用意しておりますのでお楽しみに!

写真・執筆 GMマイケル

TOP