ラヴァートグランプリ2019

2019年2月16日(土)、東京都秋葉原のe-sports SQUARE AKIHABARAにて開催されたオフラインイベント「ラヴァートグランプリ2019 ジュッズヴァー杯」の模様をお届けします。

会場 優勝賞金30万円とジュッズヴァー杯シーズンの全プレミアムカード3枚を手にした初代王者は誰だ!?
選ばれた4名の猛者たちによって繰り広げられた頂上決戦の結果を振り返りましょう!

イベント開始 当日のMCとしてフリーザ様こと「BANBANBAN山本正剛」様(画面中央右)、「幼き研究者『アンネ』」等の声を担当している人気声優の「篠原侑」様(画面中央左)にお越しいただきました!
お2人の軽快なトークによって会場の盛り上がりは凄まじいものとなりました!
GM立源寺(画面左)、GMクロス(画面右)は頂上決戦の実況・解説を担当!

物販
会場には物販コーナーをご用意いたしましたが、スタッフの想像を超える売れ行きに品切れが多々起きてしまいました……
申し訳ございません。次回はより多くのグッズをご用意いたしますのでお楽しみに!

頂上決戦

選手登場
当日は「雛鳥りむ」選手、「Ruitan」選手、「伊178」選手、「しわん」選手ら4名による激戦が繰り広げられました。

準決勝第1試合
まず、準決勝戦第1試合に登場したのは「雛鳥りむ」選手(画面左)と「Ruitan」選手(画面右)。
両者ともゴウエン中型デッキを使用し、文字通り白熱した試合展開となりました。「軍師の機転」と「炎魔『マローダー』」のコンボを決めた「雛鳥りむ」選手がそのまま押し切り、見事、決勝戦への切符を手にしました。

準決勝第2試合
続いて、準決勝戦第2試合に登場したのは「伊178」選手(画面左)と「しわん」選手(画面右)。
「伊178」選手は「隼の聖騎士『ラルト』」を中心としたファルカウ大型デッキ、「しわん」選手は戦闘用魔法少女デッキと、がらりとタイプの異なるデッキ同士の戦いとなりました。 序盤はテンポ良く展開された戦闘用魔法少女を操る「しわん」選手が優勢の展開となりましたが、シールドスキルと「追いかける翼『ヴォルフィード』」で上手く耐え凌いだ「伊178」選手が徐々に試合の主導権を握り、逆転勝利。見事、決勝戦への切符を手にしました。

その後、休憩と後述するサブイベントを挟み、3位決定戦と決勝戦が行われました。

3決
3位決定戦には準決勝で敗れた「Ruitan」選手(画面左)と「しわん」選手(画面右)が登場。
「Ruitan」選手はオープンスキルを主体としたゴウエン中型デッキ、「しわん」選手は「爆炎の魔女『プリムローズ』」を中心としたゴウエン傭兵デッキ。
勝負の分かれ目となったのは最序盤、「Ruitan」選手が「炎の息」を活用した速攻を仕掛けますが、発動したシールドは「べっとりな罪悪感」。「しわん」選手のゲームプランに上手く嵌ってしまった展開となりました。
主導権を握ったまま順当に傭兵のユニットを展開し、そのまま押し切る形で「しわん」選手が勝利を手にしました。

決勝
そして、遂に訪れたアルテイルNEO初代王者を決める決勝戦に登場したのは「雛鳥りむ」選手(画面左)と「伊178」選手。

「雛鳥りむ」選手は「噛砕く者『エクステンション』」を中心としたゴウエンデッキ、「伊178」選手は神気デッキ。
「雛鳥りむ」選手の使用するデッキは中盤までデッキタイプが判明しない特殊な編成をしていました。まさに、頂上決戦のために用意してきたような渾身のデッキと言えるでしょう。
一方の「伊178」選手の操る神気デッキは聖域攻防戦で登場したカードによって大幅に強化されたものと、オリジナルデッキとトップデッキによる激戦が繰り広げられました。

「雛鳥りむ」選手はシールドの1枚目と2枚目に「永久凍結」を採用し、相手のテンポをロスさせる狙いが決まります。一方、その間に「伊178」選手の操る神気デッキは順調に「神気」の数値を増加していきます。
「雛鳥りむ」選手の操る「噛砕く者『エクステンション』」によるデッキ破壊が繰り返される一方、神気デッキ専用の強力無比なシールド「光の剣」によって「雛鳥りむ」選手の操るユニットが倒されていきます。

そして繰り出されたカードは「守り手の娘『フィエルテ』」。ここで初めて「雛鳥りむ」選手のゲームプランが明確になります。「少女銃使い『ユーニ』」とのコンボによって中列に配置した「噛砕く者『エクステンション』」を守り、後列に配置した「凄腕の銃使い『マクラクラン』」によって場を制圧するランクアップロックデッキだったのです。
相手のゲームプランに気が付いた「伊178」選手も、ただやられ続けるだけではありません。「神罰の槌」で「凄腕の銃使い『マクラクラン』」の動きを止め、盤面の有利を取り返しに行きます。

そして3枚目の「凄腕の銃使い『マクラクラン』」を倒したと思った瞬間、捲れたシールドはなんと「強襲作戦」!完璧なタイミングで墓地に落ちた「凄腕の銃使い『マクラクラン』」をデッキに回収する事に成功する「雛鳥りむ」選手。
そして「少女銃使い『ユーニ』」のアクションスキル、ブリットストームにより、「伊178」選手の操るユニットを一気に倒していきます。これまでのデッキ破壊によって倒されたユニットを復活する術を失っていた「伊178」選手。LPは1、そして3枚目の「粛清神官『ヴィクトール』」が倒されます。決まりましたね!と叫ぶ実況のGM立源寺。

そして次のターンにオープンされたカードは「時読『ラヴェンダ』」!
準々決勝戦でも見せた「伊178」選手の逆転の一手が打たれたかのように見えました。この瞬間、会場の熱気は凄まじく、実況・解説のGM立源寺、GMクロスも思わず声を荒げます。

そして互いのLPが1となった14ターン目、勝負の決め手となったのは「雛鳥りむ」選手の操る「凄腕の銃使い『マクラクラン』」のスタートスキル、狙う一撃でした。この瞬間、相手のデッキに復活を行うカードが残っていないと確信したのか、ガッツポーズを見せる「雛鳥りむ」選手。
最後の選択を終え、両手を大きく天に掲げるとゲーム勝利の瞬間までスマートフォンから手を放し、感無量といった様子で頭上を見つめます。次のターン、「伊178」選手の操る「粛清神官『ヴィクトール』」がリムーブされ、LPが0となりました。

ラヴァートグランプリ初代王者に輝いたのは「雛鳥りむ」選手となりました!!

熱い握手 ※大激戦を讃え合う両選手。実況席のGM立源寺は感動のあまり涙を流していました(笑)

そしてアルテイルNEOの歴史に刻まれた大激戦の後、受賞式が執り行われます。
プレゼンターを務めるe-sports SQUARE AKIHABARAの店長「疋田力也」氏による賞品の授与が行われました。

4位表彰 4位に輝いた「Ruitan」選手には目録として1万円分のデジタルカードが贈呈されました。

3位表彰 3位に輝いた「しわん」選手には賞金5万円とジュッズヴァー杯シーズンの全カード1枚が贈呈されました。

2位表彰 準優勝に輝いた「伊178」選手には賞金10万円とジュッズヴァー杯シーズンの全カード3枚が贈呈されました。

1位表彰 そして見事優勝に輝き、アルテイルNEO初代王者の座を手にした「雛鳥りむ」選手には賞金30万円とジュッズヴァー杯シーズンの全プレミアムカード3枚が贈呈されました。

優勝者インタビュー 優勝者インタビューでは12年前、アルテイルNEOの前身であるアルテイルネット時代の大会で逃し続けて来た頂点に立った万感の思いを語ってくださいました。
「12年前と何が違っているかと考えていたんですけど、このマフラー、妻の手編みなんですよね」と、はにかみながら応える「雛鳥りむ」選手。愛の力が彼を王者の座へと導いたのでしょうか。

フォトセッション
そして生放送のエンディングの後、出場者と関係者によるフォトセッションを経て、「ラヴァートグランプリ2019 ジュッズヴァー杯」はその幕を閉じました。


アプデ情報

当日の生放送中に発表されたアップデート情報コーナーの模様をお届けします。

アプデ情報 5つのテーマに分けて、MCのフリーザ様とGMクロスによってお届けしました。

アプデ情報 アプデ情報 アプデ情報 アプデ情報 アプデ情報 アプデ情報
目玉となるのは2月末に発売を予定しているEXカードパック「深紅の姫君」です!画像でお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、「魔獣王『スカリオン』」にゆかりのあるキャラクターが中心になるパックです!発売開始をお楽しみに!



サブイベント

生放送ではお届け出来なかったものも含め、当日は様々なサブイベントが行われました。その模様をお届けします。

イラスト当てクイズ
イラスト当てクイズ
その名の通り、運営チームから選ばれしGM4名(※写真はGM立源寺、GM春雨)がイラストを描き、そのカード名を観客が当てるといった内容のクイズ大会です。 入場時に配られた神族ごとのチームに分かれた戦いとなり、計4問のお題が出題されました。
最終的に一番正解ポイントの高いチームが優勝となり、賞品が贈呈されました。
最終順位
1位:ファルカウチーム(GMクロス)
2位:ゴウエンチーム(GMナメクジ)
3位:ローティアチーム(GM春雨)
4位:リフェスチーム(GM立源寺)

#みんつく結果発表
#みんつくの結果についてはこちらからご確認ください。
4大みんなで創るアルテイル

#アルネオGMに質問 回答コーナー
質問コーナー
あらかじめ公式Twitterで募集を行い、ユーザーの皆様からいただいた質問にGM立源寺とGMクロスが回答を行うコーナーです。
計5問の質問に回答させていただきました!たくさんのご応募、ありがとうございました。

じゃんけん大会
じゃんけん大会
アルテイルのオフラインイベントといえばそう!じゃんけん大会です!!
毎回恒例となっている真の勝者を決める(byGM立源寺)戦いです。
MCのお2人が繰り出す3種の拳に勝利した数名が登壇し、両MCのサイン付きポストカードをかけた真剣勝負が繰り広げられました。

じゃんけん大会 なんと最後の戦いには王者の「雛鳥りむ」選手も参戦(笑)
結果は敗退と残念なものでしたが、会場を沸かせてくれました。





優勝者インタビュー

頂上決戦の興奮冷めやらぬ中、見事初代王者に輝いた「雛鳥りむ」選手にインタビューを行わせていただきました。

──優勝おめでとうございます。まず優勝の感想を一言いただけますか。

アルテイルネットの頃からの悲願であった優勝ができてすごく嬉しいです。



──オンライン予選から決勝戦まで環境ではあまり見かけない3デッキを選択していましたが、この3デッキを選択した理由を教えてください。

デッキ自体になんらかの強みがあるように組んであるのはもちろんなんですが、読まれない、予想されない事も重視しました。
いわゆる環境TOPデッキと呼ばれるデッキももちろん組む事はできたのですが、お互いデッキ内容がある程度予想できる環境デッキ同士の対戦だと、ここまで上がってくるような超上級のプレイヤー相手では自分は一歩遅れをとると思い、デッキ内容を予想外にする事で自分のペースに持ち込めるようにしたところがあります。



──今回のグランプリに臨むにあたり、やはり入念に準備はされていたのでしょうか。また具体的にどういった練習をされていたのでしょうか。

ともかく実戦あるのみでランクマッチに行って対戦重ねてた感じです。仮想敵と頭の中でシュミレート→ランクマッチで実戦→デッキ・プレイング調整、これを何度も繰り返しやってました。
実際、決勝のデッキ使って直前のランクマッチで神気デッキに負けたんですが、その経験があったから決勝であの立ち回りができたんだと思います。



──準決勝・決勝はこれまでのランクバトルやオンライン予選と違いオフライン大会でしたが、心境の変化はございましたか。

大勢の前で試合するのはやはり緊張しますし、少し雰囲気に呑まれそうなところはありました。ただ昔も同じようにオフライン大会で試合したことあるんですが、その時よりは落ち着いてできたので、そこは年を重ねた分の強みがあった気がします。



──印象に残っている試合があれば教えてください。

人魚ロックで引き分けに持ち込んだ準々決勝の対ニアさんでしょうか。試合開始時から引き分けを狙いにいったのはアルテイルやってきて初めてでしたね。ある意味勝ち方は自分で決めるの言葉を体現できたかと、引き分けですが。



──最後に何かコメントがあればどうぞ。

アルテイルがスマホアプリとして復活し、更にそこで10年越しの雪辱を晴らせるとは思ってもみませんでした。応援してくれた皆様ありがとうございました。 また今後もアルネオが発展し、より多くの人に遊んでもらえるようになる事を期待しています。



──ご返答ありがとうございました。


写真・執筆 GMマイケル

TOP